• Facebook Social Icon
  • Twitter Social Icon
  • YouTube Social  Icon
  • Instagramの社会のアイコン

©2019 by Tomofumi Shimoda all rights reserved.

Chloe

blog

Indiana International Finger Picking Competition 2018

July 31, 2018

今年7月28日、アメリカインディアナ州ナッシュビルで行われた「インディアナインターナショナルフィンガーピッキングコンペティション」

に参加しました。

この大会には初出場で、三位入賞する事が出来ました。

その長い1日を写真と共に紹介していこうと思います。

 

朝9時過ぎ会場に向かいました。

ホストファミリーの車に乗せてもらい、出発!

目的地のナッシュビルまで森を抜け、高速に乗っておよそ20分。

 

 

 

 

 

 

可愛い! 街並みが並んでいました。

 

会場入り口にはイベントのポスターが

ロゴがオシャレ!

建物内に展示コーナーが設けられていました。

会場はホールのような感じ。

円形で観客がステージを囲むような形なので、演奏者は背中を除き、全方向から見られる形になります。

ステージ袖を抜けて、大会出場者が集まるベースメントに着くと、すでに多くのギタリストが指を温めていました。

私もすかさずギターを取り、時折迫ってくる緊張感を感じながら曲の練習に入りました。

大会の出場者は今年30人。

予選を勝ち抜いて決勝に残れるのは5人だけです。

ステージ上には名前が書かれたボードとマイクだけ。マイクにギターを近づけて演奏します。喋る事は許されていません。

予選

私の出番は15番目

ステージ裏で一つ前の演奏者の演奏を聴いていると、緊張感が伝わってきて手の震えが止まりませんでした。

ステージに上がった瞬間、ライトが眩しくて観客席がほぼ見えず、緊張がピークに達しました。

 

一曲目のイントロをとちらないように気をつけながらスタートさせて、弾いていくうちにだんだんと曲の世界観に入っていく事が出来ました。

緊張と気持ち良さが入れ混じって不思議な感覚でした。

演奏を終えた時、もしかしたらこれで終わりかな…と思いながらベースメントに戻りました。

予選後のアナウンスで決勝進出者の番号を伝えられた時、15と呼ばれた時は信じられませんでした。

ファイナリストとして2度目のステージに立った時はまたここにに立てる喜びと、ここまで来れた事、これまで支えてくれた人達への感謝の気持ちでいっぱいになりました。

精一杯の気持ちを乗せて演奏した結果、3位入賞という形で残った事が本当に嬉しいです。

トロフィーと賞品のギター(ハンドメイド)

ガラス製の可愛いトロフィーです

この経験は私の人生にとって、忘れられない日になりました。

応援してくださった皆様に心から感謝です。本当にありがとう御座います!

    Share on Facebook
    Share on Twitter
    Please reload